サイトメンテナンス中のため体裁を修正中です

【北海道博物館】マンモスの化石もあるよ!親から子まで楽しめるスポット

博物館と聞くとなんだか難しそうなイメージがありますが、北海道博物館は通常展示はもちろん、企画展示も工夫されていてとても楽しめる場所になっています。
親も子も家族みんなが楽しめるスポットです。

目次

北海道博物館はどこにあるの?

北海道博物館は野幌森林公園内にあります。

住所:北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2

新札幌駅や森林公園駅からバスが出ていますし、駐車場がありますので車でも行くことが出来ます。
詳しい行き方は北海道博物館の公式HPに掲載されていますので是非ご参考にしてみてください。

北海道博物館に行ってみた

雪の時期に行ってみました。
ちなみに秋冬の10月~4月の観覧時間は9:30~16:30(入館は閉館の30分前まで)となっています。

建物に入り正面の階段を上った左に受付があります。

料金を支払い、入るとすぐマンモスとナウマンゾウの化石がお出迎え!

マンモスとナウマンゾウ共にあまりの大きさに圧倒されます!
化石はなかなか見る機会がないですから、おすすめのスポットです。

1Fはアイヌ文化、北海道の歴史の展示があり、
2Fには近代文化と生き物に関する展示があります。

アイヌ文化の展示は元々興味を持っていたのもあり、充実した展示がとても勉強になりました。
丸太の檻に小熊が入れられたイオマンテの様子も再現されていました。

子どもがとても興味を持っていたのが2Fの生き物展示。

生き物の展示で、どんぐりコロコロという展示がとても面白いなと感心したのですがハンドルをくるくると回してどんぐり(に見立てた木のボール)が転がっていき、生き物とどうつながっていくか食物連鎖をあらわしています。
この転がっていくルートは分岐があるので、ピタゴラスイッチを連想させるようななんとも面白いつくりになっています。

▼この足跡をたどって入り口の洞穴に入って、途中で顔を出すと…

ヒグマとキタキツネの間に顔を出す構図になるという、絶体絶命感を味わえます笑

▼このクマのベンチ?が可愛い。お客さん達が代わる代わる腰を下ろしていました。

▼鹿を近くで見ることができます。

2Fは企画展示もやっていて、訪れる度に展示が変わっているので何回訪れても楽しいです。

大人から子供までとても勉強になり、かつ楽しめる博物館です。
是非おすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる