サイトメンテナンス中のため体裁を修正中です

秋の地球岬とトッカリショを訪れる

もうすぐ雪のシーズン。遠出が出来なくなってしまうので今のうちにとあちこちドライブしています。
今回訪れたのは室蘭の地球岬とトッカリショ。
どちらも絶景だったのでおすすめです。

目次

地球岬

まずは地球岬。
もともと名前は知っていたもの、行ったことは一度がなくあこがれの地でした。
今回車を走らせて行ってきました。

車で高速道路を使えば、札幌駅から地球岬までは約2時間ほどで到着するようです。(GoogleMAP調べ)

地球岬の駐車場に車を止め、上へと少し歩いていきます。

看板にも書いている通り、地球岬は「北海道の自然100選」で1位を獲得しています。
まさに北海道を代表する名勝であります。

この地球岬はハヤブサの生息地であり、海にはクジラやイルカが訪れるそう。
生き物たちの楽園です。

ちなみにイルカが見られるシーズンは6月から8月のようで、その期間はクルージングでイルカを近くで見ることが出来ます。
気になる方はスターマリン株式会社さんのイルカ・クジラウォッチングに関するページをチェックしてみてください。

インスタグラム風の看板。顔を出して写真を撮ることが出来ます。
海外からの観光客が多く、この撮影スポットも賑わっていました。

すでに眺めはよいのですが更に上から見ることが出来ます。
階段が急で風も強いのでお子様連れの方や高齢者の方は気を付けてくださいね。
私も子供を抱っこひもで抱っこしていましたが、足元が見えにくくてかなり慎重に上りました。

地球岬の由来が書いています。
アイヌ語の「ポロ・チケップ」。親である断崖という意味からきているとのこと。

「親である断崖」と聞いて、少し前にWEB広告で大変話題となった「親なるもの 断崖」という漫画を思い出す方もいらっしゃるでしょう。
あの漫画も舞台は室蘭ですね。(私は試し読みしただけでかなり沈んでしまい続きは読めませんでした。それほど過酷な状況が描かれています。)

特装版「親なるもの 断崖」(1)【電子書籍】[ 曽根富美子 ]

価格:330円
(2019/11/2 21:29時点)
感想(1件)

説明が多くなってしまったので、眺めを載せていきます。

ちょうど雲の間から光が差し込んで神秘的な光景でした。
実際にこの場所に立ってみると写真よりも圧巻で、感動しました。
パワーがもらえる場所だと思います。

トッカリショ

地球岬まで来たら絶対トッカリショも見てください。
地球岬から車で5分の距離です。

地球岬には観光客がたくさんいたのですが、ここは全く誰もおらず穴場のようでした。

トッカリショはアイヌ語でアザラシ岩を意味する言葉で、昔はアザラシがたくさんいたのでしょうね。

トッカリショも地球岬に全く劣らず絶景でした。

自然の雄大さを実感できる場所です。是非観光におすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる